lightning2009’s diary

私の趣味や考えについて記したブログです。

【ギター】【音楽】【楽器】ギターに対する私の音楽観とプレイスタイル(あくまでも私(初心者ですが)の意見)

ギターをやっていて思ったこと

 比較的、私はギターをそんなに練習したりしていないと思っています。毎日必ず数時間練習することを欠かさず続けて、日々生活しているというわけではありません(しかしギターは好きなので、ほぼ毎日触っていたりはしている気がします)

 

 そんな勢いでゆったりと練習しながらも、こう見えて、私もギターを「愛している」と一言言っておきたいところです。

 

 そう思う理由は、やはり音楽は楽しいですし、ギターという音や楽器そのものが好きだからです。ギターを弾くことで、その弾いている間だけ、私はすべての煩悩から解放されたかのような気持ちになることができます。そのことを、曲に「ノる」と言うのかもしれませんが。

 

 したがって、私がギターを弾く目的は、「音楽に触れる」ということになると思います。決して、他のどのギタリストよりも上手くなるなどという他人との差別化を図る目的で始めたのではありません(とは言いつつも、単純に上手くなりたいという気持ちは強くあります)。

 

 前置きはここまでにして、本題に入りたいと思います。

 

 私はギターをやっていて思ったことがあります。それは、「自分はどのような世界観を作るためにギターを弾きたいのだろうか」ということです。

 

 ここで、ギターとは関係のない立場の人がもし聞いてもわかってもらえるように、少し話を変えたいと思います。

 

 例えば、何か楽器で曲を奏でるときや、好きな歌手の歌を歌うときに、なぜその曲を練習するのか、あるいは歌うのかと言われれば、当然その音楽が「好き」だからだと思います。つまり、何か音楽に触れるとき、必ずその瞬間にはおそらくその音楽に対して「好き」という衝動が働いているのではないだろうかということです。

 

 したがって、何か楽器を始めるにしても、もしもその目的が音楽を楽しむことであるならば、必ずしも初心者用の曲から練習する必要もなく、あるいは他者からの相対的な評価を受けるためだけに難しい曲ばかりを練習する必要もないわけです(別にうまい人に対する嫉妬があるというわけではなく、これはあくまでも極端な例であって、私はただただ音楽に触れる目的を重視するべきだと主張したいのです)。とてもナンセンスな行為だと私は思います。

 

 そうではなくて、まずギターを始めるならば、もそもギターにできることや、他の楽器と音を重ねるときの役割などを考える必要があるのではないだろうか、ということが言いたいです。

 

 話を元に戻して、私が言いたいことをシンプルにまとめて表現すれば、「どんなプレイスタイルを築きたいのか」ということです。

 

プレイスタイルには種類がある

 どんな音楽を研究・追究したいのか、ということを考えることで見えてくることがあります。それは、「自分の心に内在する衝動や感情を素直に受け止め、それを満足させるために必要なことだけを過不足なく用意する」ということです。

 

 例えば、スラップ奏法やスラム奏法を主体とするプレイスタイルは、単音と単音をできる限り細く並べることで、吸い込まれるような疾走感と日々私たちが感じている時間の中の一瞬一瞬を感じることができるのではないでしょうか(以下の動画はギタリストMIYAVIの楽曲です)。


MIYAVI Guitar Slap


MIYAVI - WHAT'S MY NAME?


MIYAVI - Horizon


MIYAVI vs YUKSEK - DAY 1

 

 他にも、アルペジオ奏法というものがあります。こちらは音と音を複合的に集めた(いわゆるコード)美しい響きを一つのテンポの上に並べることによって、「音」そのものに引き込まれてしまうと思います。


ONE OK ROCK "Kanzenkankaku Dreamer" by Osamuraisan 「完全感覚Dreamer」アコギでロック


KANA-BOON ”Silhouette” by Osamuraisan 【NARUTO OP】「シルエット」アコギでロックしてみた


Alexandrosのワタリドリ、アコギで弾いてもカッコイイわい

 

 他にもいろんな奏法があると思います。一つの曲を演奏するにしても、奏法が違えば全く違う印象を与えることができると思います。

 

 こんなプレイスタイルを築いてみたい、と思ったらそれを好きなだけ追究するべきなのではないだろうか、私は思っています。その際に、するべきことがいくつかあると思います。

 

 例えば、指や腕の筋肉を鍛えたり、必要なコードネームを覚えたりすることです。

 

 かといって、必要以上に体を鍛えたり、使う予定のないコードを覚える必要はありません。大切なのは、「内在する衝動や感情を満足させるために必要なことだけを過不足なく用意する」ということだと私は思っています。

 

 つまり、自分のやりたい音楽が明確であるという軸を持ち合わせ、それに向かって過不足のない努力や準備をする意思があるのであれば、人よりも練習量が仮に少なくてギターが上手くなくても、あるいは手が小さいなどの身体的な不利があったとしても(成長期なら遺伝に関係なく意図的に伸ばせますが)、胸を張って「私は立派なギタリストである」と言っても過言ではないと思っています(それに対して他人がどう思うかはその人の勝手ですから、それを強く気にすることはナンセンスだと思います)。

 

 最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

【MIYAVI】【ギター】Horizonのチュートリアル講座 その3

概要

 MIYAVI/Horizonのチュートリアル講座です。


MIYAVI - Horizon

 

 今回はイントロかつBメロの研究(少し上級編)となります。

 

 こちらの記事も読んでいただけると嬉しいです。

lightning2009.hatenablog.com

lightning2009.hatenablog.com

 

奏法について

 前回のチュートリアル記事で記しましたが、miyaviさんはHorizonのイントロ・Bメロをフィンガーストロークで弾いています。そして、イントロとBメロの間は全て16分音符であると思われます。

 

 前回の記事では、メロディーを意識するために、8分音符と16分音符を混ぜた表記にしました。

 

 したがって、このフレーズを弾くために、1小節あたり最大16回ストロークする必要があります(アップとダウンの合計)。

 

TAB譜について(あくまで自作)

 公式動画の一番最初のフレーズです(0:00〜0:01)。

f:id:lightning2009:20170709132442j:plain 

 

 次のフレーズまで8分音符3個分の間があります。

f:id:lightning2009:20170709133105j:plain

 

 もし、サビのパートを弾くのなら、イントロのフレーズとフレーズの間の部分も弾く必要があります(しかし本当は、サビでは、miyaviさんはこのフレーズをバックで流して1オクターブ下がったフレーズをギターで弾いています)。

f:id:lightning2009:20170709133645j:plain

 

 興味がある方は、下記のサビパートのTAB譜(完成版?)も参考にしてみてください。本家では、上記のTAB譜と比較してタッピングする回数が増えます。

f:id:lightning2009:20170710154848j:plain

f:id:lightning2009:20170710154809j:plain

 

参考動画

 イントロは0:00〜0:15、Bメロは0:46〜1:00です。


MIYAVI - Horizon Guitar cover

 

 最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

 

【MIYAVI】【ギター】Horizonのチュートリアル講座 その2

概要

 MIYAVI/Horizonのチュートリアル講座です。


MIYAVI - Horizon

 

 今回はイントロかつBメロの研究となります。

 

 こちらの記事も読んでいただけると嬉しいです。

lightning2009.hatenablog.com

  

奏法について

 miyaviさんはイントロパートをフィンガーストロークで弾いています。注意していただきたいのは、フィンガーストロークと言っても、親指や人差し指をアップダウンさせるのではなく、人差し指・中指・薬指の3本を使って、手を軽く握った状態から開くというものになります。(このストロークの方法に正式名称があるのかどうかは私は知りません。)

 

 この時、基本的に常に右手でミュートし、出したい音を弾くときだけタッピングします。

 

 このストロークの方法で、イントロ・Bメロと似ているサビでは1小節に最大9回ストロークします(アップとダウンの合計)。

 

TAB譜(あくまで自作)

 fullバージョンはいつか配布するかもしれません。以下、3タイプ用意しました。

 

 イントロでは、小節の最後のミュートと2小節以降での最初の8分音符を弾きません。また、テンポは130で設定しました。

 

 1つ目は、2弦と3弦で音を出す場合です。

f:id:lightning2009:20170709060707j:plain

 

 2つ目は、3弦と4弦で音を出す場合です。

f:id:lightning2009:20170709060750j:plain

 

 3つ目は、基本的に9フレットから12フレットまでの音を出す場合です。

f:id:lightning2009:20170709060810j:plain

 

参考動画

 以下の動画を見ることで、miyaviさん流のフィンガーストロークがどのようなものなのかがわかると思うのですが、動画内でHorizonを弾かれている方は、上で私が作ったTAB譜とは少し違った弾き方をしています。


MIYAVI - Horizon Guitar cover

 

 イントロ・Bメロでの、この方の弾き方は、おそらく全て16分音符で構成されています。

 

 最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

【MIYAVI】【ギター】私が勝手にMIYAVIのオススメ曲を紹介する

とにかく音と音の「間」が好き

 今回の記事では、私が知っている中で、他の人にもぜひ聞いてもらいたいMIYAVIの楽曲を紹介します(他の人が好きになるかはわかりませんが、それはそれでその人の自由ですし、その人の意見も知りたいですね)。

 

 以下に動画を貼ります。


MIYAVI - WHAT'S MY NAME?


MIYAVI - Horizon


MIYAVI vs KREVA - STRONG


MIYAVI - Real?


MIYAVI - Secret


MIYAVI vs YUKSEK - DAY 1


MIYAVI vs HIFANA - GANRYU


MIYAVI - Fire Bird(hinotori full version)

 

 最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

【MIYAVI】【ギター】Horizonのチュートリアル講座 その1

概要

 今回の記事から何回かにわたって、断続的にはなってしまうかもしれませんが、miyaviさんの「Horizon」を完全にコピーできるよう、チュートリアル講座を行いたいと思います。(私はギターが上手くありませんし、ただの自己流ですが、Horizonを弾く手順を自分のためにまとめることも兼ねて、このような行動に出ました。)

 

 私が作成する予定のHorizonのtab譜も完成次第アップしようと思います。(TuxGuitar)


MIYAVI - Horizon

 

参考にする動画

 miyaviさんのHorizonを練習する中で、大変お世話になった動画を4つ紹介します。


MIYAVI - Horizon Guitar cover


MIYAVI Horizonリフの部分


MIYAVI - Horizon Intro tutorial


MIYAVI HORIZON 弾いてみた!

 

 最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

【言語】【認知心理学】言語を学習する仕組み

言語理解のモデル

 この記事では、日本語や英語などの「言語」を人が理解する仕組みについて述べたいと思います。

 

 人が言語を学習する機会はたくさんあると思います。この世に生を授かれば、その瞬間から周囲の人々から彼らが使用している言語を学ぶことになりますし、学校や海外で勉強する必要にせまられることも考えられます。

 

 そのような機会で、人の認知構造に沿った学習をすることができるのであれば、それが一番効率の良い勉強法になるわけです。それをどうにか導き出す必要が私たち人間にはあるのではないだろうか、と勝手に妄想していました。 

認知心理学 (New Liberal Arts Selection)

認知心理学 (New Liberal Arts Selection)

 

  

 言語理解は認知心理学の範疇でもあります。したがって、認知心理学の知識を借りることで、人の言語理解を理解することを助けてくれることは安易に予想できます。

 

 「相互活性化モデル」というものがあります。

f:id:lightning2009:20170612001605j:plain

 

 このモデルによれば、言語を理解する過程において、単語同定、統語解析、意味解析が相互に影響を及ぼしながら、処理が進行していくとされています。

 

 ここで、「統語」とは何かという話をしたいと思います。私が思うに、統語というのはざっくり言えば「少数の単語によって構成された一つの事実を意味する語列」と理解していいと思います。それらが集まり一つの文章になるということになります。

統語論 - Wikipedia

 

 かつて、受験を経験し、難関大学の入試試験に合格した人が書いた体験談に、「英語は単語と構文」と書いてあったのを思い出しました。

東大理III 合格の秘訣28

東大理III 合格の秘訣28

 

 

 彼はきっと日頃から試行錯誤して、人の言語理解の仕組みに自力で辿り着いたのかなと思いました。

 

具体的な勉強法

 先述した知識や経験をもとに、実用的で有効的な言語を勉強する姿勢について考えたいと思います。

 

 私が思うそれは2つあります。英語で言えば、1つは「英作文する」こと。もう1つは「何度も音読する」ことです。

 

 「英語は単語と構文」という他人の言葉が根拠になります。

 

 単語と構文という要素が、英作文という行為に含まれる要素と一対一で対応しています。英作文は、単語と構文を身につけるために過不足ない最も自然な学習の姿勢であると言えます。

 

 しかし、英作文という行為は、表現したい意味や心象が先に存在しています。これが存在している場所から特定の言語の言葉(単語)を並べるという行為が(英)作文です。

 

 したがって、逆の行為にも作文と同様の必要性を感じます。それがすなわち音読ではないでしょうか。

 

 洋楽などの英語の歌詞を暗記した経験のある人には伝わると思うのですが、カラオケなどでそれを歌うことやその歌詞の意味を何も見ずに人に言えることは決して難しいことではなかったはずです。

 

 これは(意味のわかっている文章を)音読したことと全く一緒の行為です。つまり、先に言葉(単語)の配列をインプットし、その配列全体の意味を理解するということと音読という行為は一対一で対応しているわけです。

 

ハインリッヒ・シュリーマンについて

 ハインリッヒ・シュリーマンという人物を知っているでしょうか。

ハインリヒ・シュリーマン - Wikipedia

 

 18ヶ国語の言語をマスターした彼も、音読を重視しています。

mnemonic-device.info

 

 また、このような面白い記事も存在しています。

シュリーマンは嘘つきだった?22か国語話せるというのも嘘なの? - 英語は難しくない!大人のための最短英語学習法

 

 最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

 

【ハイトーンボイス】【ミックスボイス】【発声】喉の筋肉の役割と鍛え方

喉の筋肉の位置

 過去の記事で、発声は呼吸と喉の筋肉によって成り立っていると述べました。この記事では、喉の筋肉について解説したいと思います。lightning2009.hatenablog.com

 

 喉の筋肉は複数あり、それぞれ違う役割を持ちます。役割というよりは、どんな音を出せるのかと言った方が正確です。

 

 また、あくまでも私の経験談ですが、それぞれの筋肉を鍛えれば鍛えるほどより強い発声が可能となります。私が2017/5/7現在で認識している主要な喉の筋肉は4種類あります。

f:id:lightning2009:20170507195525j:plain

 

 上の図は、顔の断面図です。図の太い点線は声帯です。そして、A〜Dまでの筋肉にはそれぞれ役割があります。

 

 しかし、それらは地声での発声とミックスボイスでの発声では機能する役割が違います

 

 とは言っても、するべきことはそれらの筋肉を鍛えることに変わらないとは思います。

 

地声での発声においての役割

 地声において、Aを鍛えればhiA以上の音域を楽に出すことができます。Bを鍛えれば、mid1Fからmid2Gの音を楽に出すことができます。しかし、mid2G付近の音を出すのが若干辛いかもしれません。Cはmid1E以下の音を楽に出すことができます。そして、Dを鍛えれば地声にエッジをかけることができます。

 

 もしかしたら、Dの筋肉は、特に英語を話す外国人が英語を話すときに使う筋肉なのかな、と私は疑っています。なぜなら、英語圏の外国人はみんなイケボで、エッジがかかっているように聞こえたからです。ちなみに、英語以外の言語に私は疎いので、英語圏ではない外国人ついては私はわかりません。

 

ミックスボイスでの発声においての役割

 

それぞれの筋肉の鍛え方