lightning2009’s diary

私の趣味や考えについて記したブログです。

このブログを作った目的

大切なのは、「何が自分にはできるのか」

 人生の意味は何なのだろうか、と悩んでいた頃がありました。当時の私は、人生の意味を認識していませんでした。以下に示すのは、その疑問に対するあくまでも私の個人的な見解です。

 

 何かをするにしても、例えば勉強をするだとか、趣味をするだとかにしても、「本当にこれは自分がしたいことなのか」とよく考えてしまう癖が私にはありました。こう言う癖があるという人がもしかしたら私以外にもいるかもしれませんが、私には他の人のことはよくわかりません

 

 もともと私は、細かいことはあまり気にせず、例えばいわゆる学校においては、勉強や運動をする際には、上位に入れればそれでいいや、というような思考でいつも生活していました。しかし、ある時そのような価値観は崩れ去りました。

 

 中学生の時、ふと疑問に思いました。「今私が勉強していることは意味があることなのか」と。当時中学生であった私は、学校で英語・国語・数学・理科・社会といういわゆる主要5科目の勉強をしていました。学校では定期試験があり、試験後は全生徒の順位がだいたいわかります。入学後、私は「より高い点数を得る」ために勉強に励んでいました。試験の結果を見て満足できない時は、自分のどこをどう改良したらもっと高得点が取れるようになるのだろうか、と思考錯誤していました。

 

 どうすれば試験で高得点が取れるようになるのか(この詳細は別の記事で)がだいたいわかってきた頃、一つの疑問が湧き出てきました。それは、「今私が勉強していることは意味があることなのか」というものです。例えば、数学です。特にここでは中学数学や高校数学を指します。当時、自分が将来どんな職業に就きたいかさえ決まっていなかった私は、数学が生きていく中で必要なのかがわかりませんでした。数学や物理の学者にでもなるのなら、当然今後日常で使っていくでしょう。しかし、「今まで日常で使ったことがあるのか」と考えれば、数えるくらいしか私にはありませんでした。「今私が勉強していることは意味があることなのか」という疑問は、「今」に焦点を当てた疑問ですが、今の積み重ねである「人生」に焦点を当てた場合、「人生において意味のあることは何なのか」「そもそも人生の意味とは」という疑問が導かれます。

 

 その疑問にぶつかったとたん、頭の中の暗闇が私に、「それを見つけろ」と全力で訴えてきました。そして、それを見つけること以外の全ての事柄が、当時の私にとっては価値のないものになってしまいました。そして同時に私は、学校の試験勉強にあまり精を出さなくなりました。

 

 結論から言えば、人生に意味はありませんこれはいわゆる目的論の考えから証明できます。人間の全ての行動には、目的があります。しかし、「生まれる」ことと「死ぬ」ことに目的はありません。全ての人間に共通する人生の両端である二つの現象、つまり生と死に目的はないとすると、全人類に共通した人生の目的すなわち人生の意味は存在しないということになります。

 

 では、何をして生きればいいのか。今の私が常に頼りにしている思考もしくは価値観は、「自分の好きなことをする」というものです。 現在、人間の生活は三大欲求を満たすための「お金」に支配されています。それゆえ、それを得るために仕事に支配され、お金を得ることが人生の目的になってしまっているのかもしれません。これがいわゆる「疎外」です。

 

 しかし、そこに人間らしさは存在しません。仮に、三大欲求をお金を必要とせず簡単に満たすことができたとしたら、人間は何をするべきでしょうか。答えは簡単です。好きなことをするのです。それは何でもいいのです。他人の評価を気にする必要はありません。自分がしたいと思ったことをするのです。そして、最終的には人と関わることです。そこで、お互いの愛を育むのです。そうすることで、人は満たされるのだと私は思っています。

 

 大切なのは、「今何をしたいのか」すなわち「今何ができるのか」だと私は考えます。

 

 私は、このブログで私の趣味や考えを公開し、ブログを通じて人と関わることができたらなと考えています。