読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

lightning2009’s diary

私の趣味や考えについて記したブログです。

【認知科学】人の認知の構造

認知心理学について

 私は、自分の価値観を豊かにするために、気になった本を読みますが、その中でも心理学の本をよく読みます。心理学と一言で言っても、心理学には様々な分野があります。

 

 かつては哲学とのつながりが多かったのですが、次第に哲学と心理学は区別できる学問になっていったと私は思っています。

 

 この記事で紹介したいのは、認知心理学というものです。認知心理学というのは、人の心理を脳科学の視点から紐解いたものであると私は解釈しています。

 

 この認知心理学というのは、人工知能の研究にも応用されているようです。いつになるかはわかりませんが、人工知能についての勉強を私もしてみたいと考えています。

 

最も効率的な勉強法がわかる

 この次の記事くらいから詳細を書いていこうかなと考えていますが、私が言いたいのは、認知心理学を学ぶことで、人の認知の構造に沿ったより効率的な学習が可能になるのではないか、ということです。

 

 勉強といえば、赤シートで重要な箇所を隠したりする方法が有名かもしれませんが、よく考えてみてください。「それが人が行うべき最も正しい学習の手順なのか」ということです。

 

 昔の人のことはよくわかりませんが、昔は赤シートなんてなかったはずです。もしかしたらいわゆる問題集でさえなかったかもしれません。そんな時代に生きていた人々はどのようにして勉強をしていたのか、と気になりませんか?もう一度言いますが、私には昔の人のことはわかりません。しかし、人の認知についての知識を身につけ、日頃の勉強やその他の行動を見直す価値はあるのではないか、という啓示をしたいのです。

 

 例えばですが、有名なもので、「忘却曲線」という人の記憶の法則があると思います。実際に、勉強や日々の生活に取り入れている人は少なくないと思います。このいわゆる忘却曲線は、認知心理学の知識です。

 

 ある時、「どうせ何もしないんだったら、何かためになる知識をつけよう」と思い、私は本屋に足を運びました。

 

 以下に示すのは、私が現在持っている認知心理学の本です。私自身はまだまだ初学者です。

認知心理学 (New Liberal Arts Selection)

認知心理学 (New Liberal Arts Selection)

 

 

Cognitive Psychology: A Student's Handbook

Cognitive Psychology: A Student's Handbook