読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

lightning2009’s diary

私の趣味や考えについて記したブログです。

【スペルカードストライク】ルール解説記事(ルール概要)

勝利条件とゲームの概要

 このゲームはデッキ50枚と2枚の特別なカード計52枚のカードを用意して始めることができます。そして、場に召喚された敵のカード(正式にはストライカー)を倒し、スコアという点数を15以上にするもしくは敵のストライカーを全滅させることで勝利となります。

 

 スペストのわかりにくいところが、勝利条件がイメージしにくいということです。例えば、遊戯王の場合、カードの特殊な勝利条件を除けばゲームの勝利条件はLP(プレイヤーの体力のようなもの)を0にするつまりお互い自分のLPを守るという唯一の明確なルールが存在します。しかし、スペストの場合にはプレイヤーという概念がほぼルールには関係ないため、遊戯王などのゲームの目的がはっきりしているものを経験したことがある人にとっては、スペストは少し熱中しづらいかもしれません。

 

 ゲームにおいて、戦う目的を意識させるようなルールはプレイ中プレイヤーを白熱させる効果があるのかもしれません。

 

 そう考えると、スペストにははっきりとした戦う目的があるようには思えないように見えますね。

 

スペルカードストライク総合ルール

 公式ホームページの「ルールQ&A」のページを一番下までスクロールすると、「スペルカードストライク総合ルール」というpdfが見えます。

ルールQ&A|「スペルカードストライク」~東方Project二次創作トレーディングカードゲーム

 

 ここには、文章で細かく厳密にルールについて述べられています。ルールについて気になることがあれば、このpdfをチェックしてみるといいと思います(2017/4/20現在はver1.12)。

http://scstcg.net/rule/ComprehensiveRules_20160901.pdf

 

 最後まで読んでいただき、ありがとうございました。