lightning2009’s diary

私の趣味や考えについて記したブログです。

劣等感をなくす方法

そもそも劣等感とは

 「劣等感」という言葉を聞いたとき、何を思い浮かべるでしょうか。 

 

 劣等感を発生させるとき、人は他人と自分自身を比べているでしょう。そして、その他人に羨みなどの感情を覚え、同時に嫉妬を覚え、胸が苦しくなる経験をすることになるのではないでしょうか。

 

 例えば、テストで自分よりも成績が良い人がいるとき、嫉妬を覚える人がいるかもしれません。

 

 自分はあれだけ努力したのに、どうして自分よりも「優位」な位置に人がいるんだろう、だとか、あいつだけには負けたくなかった、とか言う気持ちに陥るかもしれません。

 

 そのような気持ちを抱いたとき、「次は絶対にあの人に超えてみせる」という意志を持つ人もいれば、「もう気にしないでおこう」という気持ちで勝負事には執着しないようにしよう、という決断をする人もいるかもしれません。

 

 したがって、劣等感とは、「今の自分に満足できていないという気持ち」と定義づけることができるかもしれません。

 

 注意してもらいたいのは、「羨み」と劣等感は区別してください。

 

自分自身をどう定義するのか

 私は今のところは、劣等感を感じることが良いのか悪いのかまたは自然なことなのか不自然なことなのかについては一切述べていません。話を少し変えて、劣等感という存在について考える前に、劣等感を感じる自分自身つまり人そのものについて考えてみたいと思います。

 

 そんなことを考える必要があるのかどうかという質問に対して、私はあると答えます。なぜなら、劣等感という存在は私たちが勝手に認識している形のないものであるわけですから、そのような存在に苦しめられる前に、まず形あるものから考えていくことは有意義なことではないだろうか、と私は疑ったというわけです。

 

 ここからは私の偏見に基づいた意見です。あくまでも一つの意見です。

 

 まず、「存在している」という事実を私は重く受け止めてみました。私や私以外の人も生きているということは、要するに存在しているというふうに言い換えることができます。どこに存在しているのかといえば、地球の上であることには変わりないのですが、人一人の目からはただの平らな地面の上に存在していることになります。

 

 少し数学用語を交えて表現するのなら、「人とは3次元空間に存在する点のようなものである」ということです。人を質点と見なせば、人の行動を物理学でいう経路に見立てることができます。f:id:lightning2009:20170430154333j:plain

 

 ここで私が言いたいことは、人の意識というものに形はない(目には見えない)ということです。先ほど、私は劣等感とは「今の自分に満足できていない気持ち」という定義をしてみました。しかし、人の体は物体として存在していますが、人の意識は物体としては存在せず、そして私たちは形のないものに囚われて苦しんでいるわけです。

 

意識とは何なのか

 学問的な意識についての知識はまだまだ勉強中なので、私が意識について言えることは私の経験に基づいた考えだけであるというところはご了承ください。以下に私が現在読んでいる本を紹介しておきます。 

「意識」とは何だろうか―脳の来歴、知覚の錯誤 (講談社現代新書)

「意識」とは何だろうか―脳の来歴、知覚の錯誤 (講談社現代新書)

 

 

 私が思うに、意識というのは「自分は何を経験したいのかを考えるシステム」であると思っています。

 

 かつて、私は過去の記事で、人々は常に経験を求めて生きているのではないかという考えを述べました。

lightning2009.hatenablog.com

 

 そして、経験とは人が求めているものでありかつ人に唯一できることであると私は思っています。意識とは、経験をするための準備をするシステムではないかと私は思っています。

 

結論

 劣等感とは、「今の自分に満足できていない気持ち」と定義づけました。これを無くすにはどうしたらいいでしょうか。

 

 論理的に考えれば、「今の自分に満足する」ことができれば劣等感を消すことができるということになります。では、今の自分に満足するということはどういうことでしょうか。

 

 まず、自分自身を認識する必要があります。すでに自分自身をどう定義するべきかについては述べました。自分という存在を3次元空間に存在する点であると考えればいいわけです。

 

 そして、「満足する」ということはどういうことでしょうか。私が思うに満足するということは受け入れるということであると思っています。したがって、それは今の自分自身を受け入れることであり、その上でより良い経験をして自分を満たすことでもあり、その状態に向かって準備することでもあると思います。

 

 以上より、自分は今ここに存在しているという事実を重く受け止めれば、劣等感という概念は消えるということになります。

 

 最後まで読んでいただき、ありがとうございました。